SUSTAINABLE

私たちは、サステイナブルな社会の実現をKANSEI Design(感性デザイン)という観点から挑戦し続けています。

サービス、商品、空間に対してバイオフィリックデザインを積極的に取り入れる事で提案や設計段階からサステイナブルをデザインに組み込むことができます。

また、サステナブルは地球に対するエコロジーを考えるという面だけでなく、人と人、会社と会社の関係性に於いても持続可能を目指すものだと考えています。 

Biophilic Design

バイオフィリックデザインとは、健康とウェルビーイング(身体・精神・社会的に良好であること)に着目し、人間中心のデザイン中、特に生活の場や職場で人と自然のつながりを深めることを目的とした空間デザインです。

バイオフィリック デザインは、精神的・肉体的な幸福を向上させるための手段として

効果があると研究・証明されており、これからの空間設計に欠かせないものとなってきています。

ストレスと仕事の疲れが日常的になっている職場においてはバイオフィリックデザインの要素を取り入れる事でストレスを軽減し、元気を取り戻し、働く人の集中力をより快適かつ効率的に取り戻す事が期待できます。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーPinterestのアイコン

Biophilic Design Partner/

オリバー・ヒース(Oliver Heath)

Brighton / UK

建築およびインテリアデザインにおいて、人と自然のつながりを深めるバイオフィリック・デザインの世界的エキスパート。その作品は建築環境、書物、メディアで多数発表されている。またBBC、ITV、Channel 4、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル等、多くのTVメディアに出演。最新の著書『Urban Eco Chic (Quadrille)』は8か国語に翻訳され、3万部以上販売されている。
英国のエネルギー・気候変動省(DECC)、エネルギー・セイビング・トラスト(EST)、廃棄物及び資源行動計画(WRAP)のスポークスマンを務め、現在はインターフェース社のバイオフィリック大使。

Case/ Biophilic Design

Biophilic Design Works

- 清和ビジネス

Verdenia

- 大和リース

qa_cap.png

​▲

​商品に同梱したメッセージと山桜の倒木。

​年月を経たものほど赤みが強くなる。

ROHTO QualityAgingSALON REED DIFFUSER

- ロート製薬株式会社

第一昭福丸

- 臼福本店

Work Styling

- 三井不動産

KANSEI Design & Co.

WE SOCIALIZE

WE ANSWER

info@kdc.jp

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-32-10

(デザインオフィス ライン内)

©2020 KANSEI Design & Co.